ヘルペスを早く治したい!

ヘルペスの発症期間と乳腺良変について

乳腺良変とは乳癌と間違えやすい良性病変のことで精密検査をしないと乳癌との区別が付きにくいので健康診断などでマンモグラフィ検査を受けた時に異常が見られた場合には乳腺良変の可能性があるので、専門医による画像確認を必要とします。乳癌は40代以降の女性に多いガンで乳がん検診やマンモグラフィ検査が行われていますが、乳腺良変などとの見分けが難しいので、進行してからガンが発見されることもあるので注意が必要です。ヘルペスは基本的にはセックスをしなくても感染する病気なので口唇ヘルペスの人とキスをしただけでも感染することがあるので予防のためには注意をしなければなりません。ヘルペスの発症期間は2日から10日程度とされていて最初の段階では肌の表面に軽い痛みやむず痒さなどがありますが、赤い発疹や水泡の数が増えてくるので、強い痛みや発熱を伴うこともあります。また同時にリンパ節が炎症を起こすこともあるので、発症期間が過ぎて症状が出始めたら性病科などを受診して治療を始めなければなりません。またヘルペスは1年以内に再発する可能性が非常に高いので、過労やセックス、ストレスなどの刺激を減らす生活をおくる必要があります。初感染の時は症状が重い場合が多いのですが、再発した場合には症状が軽い場合が多いので発症期間から短い日数で完治することが多くなります。しかし体が疲労することでヘルペスウイルスの活動が活発化するので健康には注意をしなければなりません。治療をすることでウイルスの活動を弱めることができますが、完治することはないのでウイルスは死滅せずに体の中に残ることになります。セックスによる感染を予防するためにはコンドームを使用する必要があります。