ヘルペスを早く治したい!

内因性うつ病と性病気とヘルペスの関係

内因性うつ病は体質や遺伝子によって引き起こされるものと考えられることも多いですが、ストレスや身近に起きた不幸な体験による喪失体験から引き起こされることが多いです。現代社会はストレスとは無関係で過ごすことができないほどストレス社会になっています。よって誰でも内因性うつ病になる可能性があります。また様々な契機で内因性うつ病になるケースだってあります。

それは性病気でも起こり得ることです。たとえば信頼していた恋人から性病気を移されたというのは、それだけでもショックになるでしょう。その事実から性病気になることもあります。また貞操観念が強い方が初めての性行為によって性病気を移されたというのであれば、それだけでも内因性うつ病になる原因になります。

ヘルペスは性病気の一面も持っていますが、誰でも感染するリスクがある病気です。口唇ヘルペスと性器ヘルペスのウイルスが異なっており、性器ヘルペスの場合は性病気であり、性行為によって感染することが多いです。一方口唇ヘルペスは、日常生活を普通に送っているだけでも感染する可能性があります。飲食や感染している人が使ったタオルなどでも感染する可能性が少なからずあります。

誰でも感染する病気がヘルペスになりますので、そこまで性病気といって気が滅入る必要もありません。しかし悪化すると日常生活を送るのが苦痛になる病気でもありますので、自分なりの対策を持っておくことが必要です。ヘルペスを発症したときに、ウイルスの増殖を抑える医薬品があります。発症したときにそれらの医薬品を服用することで、ひどくなることを防ぐことが可能です。一度でも重症化してひどい目にあった経験があるのであれば、医薬品を常備しておくと良いでしょう。