ヘルペスを早く治したい!

痒い、痛いなどの自覚症状があるヘルペス

ヘルペスというのは、単純ヘルペスウイルスとよばれるウイルスが感染したことが原因となる病気です。ヘルペスウイルスというのは、ありふれたウイルスのひとつですので、かつては子供のころに感染する人も多かったものですが、衛生状態がよくなった現在では、大人になってからはじめて感染するというケースも徐々に増えてきているようです。
このウイルスに感染したからといって、ただちにに自覚症状があらわれるというのではなく、何日間か、あるいは何週間かの潜伏期間を置いて自覚症状があらわれる場合もありますし、場合によっては感染してもまったく症状があらわれずにそのままというケースもあり得ます。しかし、いったん発症した場合については、感染した部位に小さな水ぶくれがいくつもあらわれて、痛い、痒いなどといった自覚症状をともなうものです。
皮膚が痒いという自覚症状がある病気としては、たとえばじんましんのようなものもありますが、小さな水ぶくれといった外見の違いなどからも、他の痒いという症状をもつ病気とは異なることがわかります。また、ヘルペスの症状は主に皮膚に出るものとはいえ、大人がはじめて感染した場合には、さらに重症化することがあり、高熱が出たり、痛みが性器に近い部分のリンパに及んで排尿ができなくなるなどすることもあり、これも他の病気とは異なるところです。
このような場合ですが、すみやかに病院を訪れて、必要な検査や医師の診察を受けるのがよく、おおむね抗ヘルペスウイルス薬とよばれる医薬品が処方されることになるものとみられます。抗ヘルペスウイルス薬は、体内でのウイルスの増殖を抑制する作用をもっているため、しばらくの期間投与を続ければ、やがて症状は改善に向かいます。