セックスフレンドサイトに登録している女性

セックスフレンドサイトに登録出会い系サイトを利用していると、相手のプロポーションというのはかなり気になるポイントではないでしょうか。

特に女の人は、ちょっとサバ読んでナイスバディに書いてしまうという人も多いでしょう。

とはいえ、非現実的なプロポーションをプロフィールに書いても、逆に敬遠されたり、いざであった時に幻滅されてしまい、いい関係を築くことができないかもしれません。

つまらない嘘をつき続けるのも疲れますし、あまりにかけ離れた感じにせず、ご自分の正直なプロポーションを書く方がいいでしょう。

さて、ご自分の正直なプロポーションを記載したのはいいものの、いわゆる「ぽっちゃり」な女性がいたとして、あなたはどうしますか?前述したように、多少サバ読んで書くことはあったとしても、あえて太めにプロフィールを作る人はいないと思うので、この方は多少ふっくらした方なのだろうと予測が立ちます。

ここで忘れてはいけないのは、セックスフレンドサイトに登録しているのですから、この方もセックスフレンドを求めているということです。

ぽっちゃりしていようとやせ細っていようと、求めているのは同じ、セックスです。

案外、ぽっちゃりした女性の方がセックスには積極的かもしれませんよ。

ただ、相手の女性が多少サバ読んでプロポーションを記載していた場合もあるので、たしょうプロフィールよりもぽっちゃりした女性を想像しておいたほうがいいでしょう。

セックスフレンドがどのような関係を示すか?

セックスができる友達一度は耳にした事のある言葉に「セックスフレンド」という単語があるかと思います。

しかし、実際にはこのセックスフレンド(以下、セックスフレンド)がどのような関係を指すのか、どのような制約の元で成り立っている関係であるのかを知っている人は、限られた人数なのかもしれません。

セックスフレンドは、現代社会の倫理観では、あまり歓迎されていないことは、周知の事実かもしれません。

恋人関係を得て、結婚するという男女関係が主流である中では、ただ「セックスができる友達」という関係は、曖昧で、無責任なように見えてしまうのかもしれません。

そうしたことが起因して、実際には身内には公言せずに、肉体関係があることを2人のあいだだけのことに隠蔽して、そ知らぬ顔をして日常を過ごしているのでしょう。

そして、実際に「隠蔽」していたとしても、想いが募るということも別段無く、比較的ドライな付き合いが出来てしまうのがセックスフレンドの不思議なのかもしれません。

また、現在のセックスフレンド事情からみると、その需要の立役者には、インターネットの存在があります。

インターネットで、少し検索をかけてみるだけで、実に多くのウェブサイト、ブログ等々が閲覧できます。

つまり、あまり表面化はされていないにしても、多くの人は関心を持っていて、注目されているということに他なりません。

そして、実際にセックスフレンドの作り方や、トラブルの回避方法などをレクチャーしているセックスフレンド経験者のブログやサイトなども、実に多く見つけることが可能なのです。

また、そうした経験者のサイトを除くかぎり、セックスフレンド関係を持つことは、同じく相手を求めている人が集う出会い系サイトに行けば、出会うことが出来るという内容がほとんどです。

確かに、目的が一緒の人々が集まっている所であれば、相手とギブアンドテイクの関係で結ばれやすいということは、理解想像に難くないでしょう。

実際にセックスが出来る相手にめぐり合うためには、一筋縄ではいかない微妙な相性こそ、存在することは間違いありません。

しかし、自分にとって、セックスフレンドという関係が強く求められている、あるいは興味がある場合は、ちょっと踏み込んでみるのも良いかもしれません。

セックスフレンドとの共通の価値観

セックス論「友だち」という言葉は、一見分かり易いようですが、実は非常に曖昧で便利に使われています。

友だちの定義は人それぞれ違いますし、知り合い、友だち、恋人の区別も人それぞれです。

その中で、「セックスフレンド」という存在もあります。

仕事で知り合った友だち、近所の友だち、子どもの頃からの友だち…。

そこには「共通の趣味を持った友だち」もあります。

趣味が共通する友だちとは価値観も共通することが多く、同性・異性問わず、一緒にいて楽しいですよね。

セックスフレンドは、この共通した趣味・価値観を持った友だちだと言っていいでしょう。

「セックス」という共通した楽しみがあり、釣りやツーリングに一緒に出かける友だちと同じように、一緒にセックスを楽しむ友だちなのです。

ただ、共通の価値観が「セックス」というお互いの肉体を使う行為ですから、周囲の理解を得るのは難しい趣味ということになるでしょうか。

恋人や夫が「釣りに行ってくる」と言えば理解してくれる人も、「セックスフレンドとセックスしてくる」という会話は想像が出来ません。

セックスは愛のある行為だと考える人がほとんどですから、そんな会話をすれば、夫婦仲が崩壊してしまいます。

私の趣味は「釣りです」「バイクです」というように、「私の趣味はセックスです」とは堂々と言えませんよね。

しかし、セックスフレンドを持つ人がたくさんいるということは、趣味がセックスという人も少なくないということです。

セックスの相性がいい相手、セックスフレンドとの共通の価値観が「セックス」というのは、珍しいことではないのですが、世間的にはなかなか理解しがたいと言えます。

セックスフレンドと接する際の心のやり取り

セックスフレンドから友達へ怒られてしまうかもしれませんが、セックスフレンドと本命の恋人、または旦那は初めから完全に別バラだという人は結構います。

結構いると書きましたが、もちろん言うまでもなく、セックスフレンドがいるという人のなかにはたくさんいるという事です。

日本の全人口のお尻が急に軽くなってしまえばある意味でびっくりです。

そういう話をしているわけではないのです。

だって、考えても見てください。

ある程度出会い系サイトを手なずける方法にも慣れたという人に限った話なのかもしれませんが、始めからセックスフレンドに求めるものと本命の相手に求めるものは違うのです。

気持ちの入り方から考えても全然違うし、それ以上に物理的ながんがえ方からしても違うはずです。

心は通じ合っていても体の相性は全然合わないの。

もう本当に結婚しちゃったけどどうしましょうという事は、ごく稀にですがあるのです。

それで簡単に離婚してしまうというわけにはいかないでしょう。

そんな風に恋愛感情を即席のものとして考えられたら楽なのかもしれませんが、そうすると今度は深く人を好きになるという事が難しくなりますよね。

そうすると人の心というものはいったいどこに行ってしまうのでしょう。

もちろん、パートナー同士でお互いの意見が食い違うことだってあり得ます。

本当に厳密な意味で、セックスフレンドと接する際には心のやり取りがいらないのであれば、はっきりいってめんどくさいプロセスを一切踏む必要もなく簡単に一発やっておしまいなのですが、なかなかそんな風に割り切ったものの考え方も難しいですね。


公開日:

0293.
援助交際はセックスフレンドの一種

最近、アルバイトの募集をすると、若い女性がたくさん集まるそうです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑